スーパースターウォーズ 帝国の逆襲


ステージ7 反乱軍基地

難易度: ★★★
パスワード: LQYSCH

 このステージは、急いで進むと絶対にクリアー出来ないほど難しく作られている。
 上に掛かっている、蛍光灯のような柱。
 ルークが下で立っていると落ちてきて大ダメージを与えてくる。
 柱の手前から真下までの範囲(黄色の範囲)を往復し続けて、柱が落ちるのを待ち、
 落ちてきた瞬間ひたすら離れて逃げる。
 しかし この柱、実はルークが真下にいなくても落ちる。
 すぐ手前の範囲(赤色の範囲)に突っ立っているだけで落ちてくる場合が多い。


 また、灰色の箱は壊せばアイテムが入っていることが多い。
 しかし箱が壊れた瞬間破片が飛び散るので、即切り返して避けるのだ。

 床に埋れた火炎放射する地雷は、特に気をつける必要がある。
 この火炎に当たる時のダメージはシャレにならない。
 写真の位置か、それより一歩近づいた位置くらいから斜め下撃ちで破壊せよ。


 途中からスピーダーバイクに乗り込む。 ここまで来れば大丈夫。
 Yボタンで攻撃、十字キーで移動、のみの単純操作だが、全く問題ない。
 スピードバイク・トルーパーは、まっすぐ突っ込んで来て
 レーザーを発射したり茶色の爆弾を空中に放置していったりする。
 この茶色の爆弾は、ゆっくり下へ落ちて爆発して破片が飛び散るが、
 破壊しても破片が飛び散る。もちろん破片に触れればダメージだ。
 これらの破片は極めて避けにくい。 つまり、爆弾は出現しないに越した事はない。
 そうするためには、スピードバイク・トルーパーを出現と同時に倒す。
 このステージでは、自機を一定間隔で上下しながら連射しているだけで良い。

ステージ8 スノースピーダー戦

難易度: ★★★★★
パスワード: GQTVDD
 SSW2初のSTG(シューティン)ステージ。
 ↓: 上昇、 ↑: 下降、 ←: 左旋回、 →: 右旋回、 Y: 攻撃、 B: 加速、 
 L: 左斜め後方にワイヤーを張る、 R: 右斜め後方にワイヤーを張る

 シーンは3つあり、それぞれ倒すべき敵の残り数が画面右上に表示。
 死んでも途中から再開できるが、ゲームオーバー後はシーン1からやり直しとなる。
 それは つまり、残人数を稼いで来れば問題ないということになる。
 難易 度の星の数は、パスワード再開後の“素”の難易度。

シーン1: プローブドロイド10体&スピードバイクトルーパー10体

 加速しない限り、プローブとの距離は縮まらないので、
 単にプローブに向かって連射すればOKだ。
 JEDIモードに限り 大ハートが自機から逃げるように移動するので、
 加速しないと取れないようになっている。
 バイカーとは、正面切って相打ちしないように。2回も激突すれば死に至るからだ。
 バイカーが正面に現われたら、一旦旋回しながら逃げよう(写真)。
 その後 自機の前方で左右に移動している間に狙い撃ちせよ。
 プローブを10体倒した後も、必要とあれば倒してHP回復しながら戦おう。
 当然ノーミス、HPも全回復した状態でシーン2へ進むのがベスト!!

シーン2: AT-ST 5体

 中ボス級の敵5体を倒す、当ステージの肝となるシーン。
 2体倒したらバイカーが出現しだして、難易度が飛躍的に上がる。

 AT-STもバイカーと同じく、正面切って近づかないようにしよう。
 このシューティン、体当たりで相打ちすれば敵も大ダメージを受ける。
 しかしJEDIモードでコレをすると、まさに神風特攻隊みたいになる。
 しかも、HPが高いAT-STは死なない。

 はるか前方でAT-STが背を向けて歩行している場合に限り、
 連射しながら近づいて 寸でのところで旋回で逃げる。これを繰り返すしかない。
 AT-STがコチラを向いている場合、それが遥か地平線の遠くでも、
 コチラへ攻撃してくるので、その「バキューン」という音を聞いたら、
 コチラは攻撃せずに近づくのもやめること。
 正面きって近づけば、ムコウも近づいてきているのだから、
 距離が縮まる時間も短いという事だ。これは危険である。
 バイカーが現われても下手に相手せずに、AT-STを後ろから襲うことに専念したい。
 ミスは2回までに抑えたいところ。難しい。

シーン3: AT-AT 5体

 普通にダメージを与えて倒すならまさにボス級のカタさをもった敵キャラ5体を
 倒した上で、ラスト1体に近づけばステージクリアーとなる。
 当JEDIモードでAT-ATをマトモに倒そうとするのはアホである。
 映画でもあったように、ワイヤーで脚を巻いて倒すのが俄然ラクなのだ。
 一例の手順を説明する。

 前方にAT-ATが見えたら、AT-ATの左を通過する感じで若干進路を左にゾラす。
 AT-ATとの距離が縮まってきたら、
 Rボタンを押しつづけて右斜め後方にワイヤーを張りながらAT-ATと擦れ違う。
 この瞬間からRボタンを押しつづけていないといけない。
 あとは右旋回しながらAT-ATの周りをグルグル回ればいいのだ。
 グルグル回る際にはコツがいる。
 両者の距離が離れすぎてしまうとワイヤーは切れてしまう一方、
 近づきすぎて激突すれば致命傷を受ける上にワイヤーも切れて しまう(下図)。
 また、旋回中にYボタンも押しっ放しにして、
 前方に現われたバイカーとの激突確率を下げよう。旋回中のスキを無くすのだ。

ワイヤーを張って
右旋回を始めたは良いが、

→キーを押し続けていた
為に、ドンドン両者の距離
が縮んでしまい、
激突してしまった。


右旋回の角度が急である
ことが原因だ。


→キーを一定時間
押し続けたら指を離す。

スピーダーは真っ直ぐ進み
両者の距離は広がる。

ワイヤーが切れる前に
→キーを押し始めて
グルッと回る。

両者が近づきすぎたら、
とっさに→キーを離して
距離をとる。


この繰り返しでグルグル回る。


 倒れるAT-ATにも注目したい。1993年SFCとしてはトップクラスのグラフィック。

 5体倒したあと最後の1体に近づく際は、ゆっ くり近づこう。
 距離が縮まってもクリアーにならない場合は、
 危険なので一旦旋回で逃げてから再チャレンジだ。
 ここで死んでゲームオーバーになると、当作への不信感が高まってしまう(笑)。
 当ステージを楽しむ為に、ステージ1辺りから残人数を稼いで挑むのも面白い。
 しかし初心者がそれをしようとすると、途中のステージで疲れてしまうか、そもそも、
 やっとクリアーしてきたステージをもう一度プレイする気になれないかもしれない。
 しかし、ステージ8までの激ムズな道程に慣れてしまうのも一興かもしれない。
 でもこれで終わりではない。氷の惑星ホスの、氷のように冷酷な地獄は まだ続く。

ステージ9へ

戻る