の涙をチカラいっぱい流そうね企画 vol.4

Battletoads  NES vs CD32

Comparison Guide  Plan C (Stage7~9): Part 1


NES
CD32
Stage7
Volkmire's
Inferno
のキャスト

Scuzz

HP

AP
ジャブ(set) 1
  頭突き 1~2   頭突き 1


Rat Rocket

HP

AP
  ジャブ 1
  突っ込み 6   頭突き 1


Vaders

HP

AP
  ジャブ 1
 HP 盗み 1   頭突き 1
以下、トラップ

Force Field

AP
  接触 6

Fireball

AP
  接触 6

Missile

AP
  接触 6

Scuzz

HP

AP
ジャブ(set) 2
  頭突き 2   頭突き 1


Rat Rocket

HP

AP
  ジャブ 1
  突っ込み 2   頭突き 1


Vaders

HP

AP
  ジャブ 1
 HP 盗み 1   頭突き 1
以下、トラップ

Force Field

AP
  接触 2

Fireball

AP
  接触 6

Missile

AP
  接触 6
背景とトラップ
        
 火炎系トラップと背景の色の違いが歴然、見やすい。
 とはいえForce Field は即死かつ高速かつ狭いので
 ゲーム性としては完全な「覚え」のみである。
 Missileは真っすぐ進むものの馬鹿マジメに避けるしか。
        
 火炎系トラップと背景が同じ色って・・・わざとか!?
 ただしForce Field は即死でないからゴリ押しも可能。
 Missileは斜め方向に進むので普通に避けるのは
 不可能に近いだろうが、裏を返せば・・・(以下略)
Stage7 総括
        
難易度: ★★★
 画像の地帯で落下した場合も当然、トライ数は減る。
 ただ、当ステージの高難度の大部分はステージ後半、
 それも最後の最後、一瞬だけだ!
        
難易度: ★★
 前半の操作方法はStage1に準拠の最悪なものだが、
 画像の地帯はバグなのか落下してもトライ数減らない。
 後半は上述の甘い仕様にて、全く脅威とは言えない。
Stage8
Intruder
Excluder
のキャスト

Sentry Drone

HP

AP
  ジャブ 1
  電撃 3
  棒(パイプ) 1
  頭突き 1


Big Ball

HP

AP
  ジャブ --
  接触 2
  棒(パイプ) 1
  頭突き 1
※ 海外攻略本には、コレでトライ数の増殖が可能と記されている

Snotball

HP

AP
  ジャブ --
  接触
1
  棒(パイプ) 1
  頭突き --
※ 振りほどく事ができる。棒を失うことも無い。

Gasser

HP

AP
  ジャブ --
  毒ガス
6
  棒(パイプ) 1
  頭突き --


Sucka

HP

AP
  ジャブ --
  吸い込み
6
  棒(パイプ) 1
  頭突き --


Robo-Manus

HP

AP
  ジャブ 21
  連射 2~6
棒(パイプ)
  踏みつけ 6
  頭突き 21
※ 出会った瞬間、トードは棒を失ってしまう。
以下、トラップ

Electro-Gap

AP
  接触 3

Sentry Drone

HP

AP
  ジャブ 1
  電撃 3
  棒(パイプ) 1
  頭突き 1
 

Big Ball

HP

AP
  ジャブ --
  接触 2
  棒(パイプ) 1
  頭突き --
※ CD32版では倒しても得点はゼロです。やめましょう、そんな事。

Snotball

HP

AP
  ジャブ --
  接触 2~3
  棒(パイプ) --
  頭突き --
※ 2ダメージ受けるまで操作不能。棒も失ってしまう。

Gasser

HP

AP
  ジャブ --
  毒ガス
3
  棒(パイプ) --
  頭突き --
 

Sucka

HP

AP
  ジャブ --
  吸い込み
6
  棒(パイプ) --
  頭突き --
 

Robo-Manus

HP

AP
  ジャブ 21
  連射 2
棒(パイプ) 21
  踏みつけ 6
  頭突き 21
※ 棒を持参の場合、棒を持ったまま戦うことができる。
以下、トラップ

Electro-Gap

AP
  接触 3
Stage8 総括
        
難易度: ★★★
 Snotballの着地位置は足場の端なので対処しやすい。
 しかし、Sentry Drone の電撃間隔が短い点や
 一部のGasserの毒ガス噴射距離がCD32版より長い点、
 Robo-Manus の3連射を連続で受けてしまう可能性、
 彼が着地して撃つまでの隙の短さなど、総合的に見て
 NES版の難易度に軍配。
        
難易度: ★★
 操作はStage4に準拠で、ダッシュや頭突きも可能に。
 Snotballの着地位置が酷いが、★の数には影響薄。
 一方でSentry Drone やBig BallがNES版より遅い。
 Robo-Manus の3連弾は1発受けたらダウンするゆえ
 全弾撃ちこまれる事は無い。着地して撃つまでの隙も
 長く、パワーアップしたのは姿だけのようだ・・・。
Stage9
Terra Tubes
のキャスト
Techno-Droid
HP

AP
  ジャブ
4
  電撃 3
  自爆
6
  頭突き 1
※ コチラが背後に回ると、振り向く。自爆って案外怖いよね

Electra-Eel
HP

AP
 ジャブ(set) 2
  電撃  
3
※ CD32版より素早いが、放電時でも近寄って攻撃OK。

Hammerfish
HP

AP
 ジャブ(set) 2 or 4
  頭突き
2
※ 終盤に配置されている個体はHP高い

Toad-eating shark

HP

AP
 ジャブ(set) 2 or 6
or 8
  噛みつき 2
※ 最後のコンティニューポイント以降の個体はHP高い

Steel-Beak

HP

AP
 ジャブ(set)
1
  噛みつき 6
※ 出会い頭に一撃与えると、トードに背を向け折り返す。
  ダウン(上下逆さま)状態から復活するまで約6秒もかかる。

以下、トラップ

Spike Ball ,Spikes

AP
  接触 6

Krazy Kog

AP
  接触 6
Techno-Droid
HP

AP
  ジャブ
3
  電撃 3
  自爆
  しない
  頭突き 1
※ コチラが背後に回っても、振り向かない。

Electra-Eel
HP

AP
 ジャブ(set) 2
  電撃   3
※ 放電時は無敵だが、動きそのものは散漫。

Hammerfish
HP

AP
 ジャブ(set) 1
  頭突き 2


Toad-eating shark

HP

AP
 ジャブ(set) 2
  噛みつき   しない
※ CD32版では全く噛みついてこない。無害。

Steel-Beak

HP

AP
  ジャブ 1
  噛みつき 6
※ 壁から折り返す以外で折り返すことは決してなく、
  目前に直立しているトードを100%の命中率で噛み殺す。
  ダウン(上下逆さま)状態から2秒で復活する。
以下、トラップ

Spike Ball ,Spikes

AP
  接触 6

Krazy Kog

AP
  接触 6
Stage9
序盤での差異
        
 最初のプロペラ降下の所。トゲ玉が計2個分、多い。
        
 最初のプロペラ上昇の所。ここもトゲ玉が計2個分、多い。
        
 4個目の Krazy Kog の最初の段差にトゲは無し。
 画像の位置以降「真下にはトゲ」が続くが、操作的には
 普通の切り返しでOK。地形さえ覚えればミスは無い。
        
 4個目のKrazy Kog 終了付近にもトゲが配置。
        
 最初のプロペラ降下の所。トゲ玉が計2個少ない。
        
 最初のプロペラ上昇の所。トゲ玉が計2個少ない。
        
 4個目の Krazy Kog の最初の段差にトゲ追加。
 CD32版の解像度の関係か、落下の体感速度は速く、
 相当早い切り返しでなければトゲの所へ落ちてしまう。
        
 4個目のKrazy Kog 終了付近のトゲが無くなっている


→戻る