ファーザー・クリスマス

 サターンにはクリスマスゲームが2つもある!
 95年にリリースされた当・クイズゲームは、
 「スノーマン」のレイモンド・ブリッグズが送る、
 クリスマスの定番ビデオ「ファーザー・クリスマス」
 とのカップリンとして発売された。
 初回版には特典としてミニタオルが付属した。

 クイズゲームの中身だが・・・
 サンタのペットであるイヌ君とネコ君が勝手に世界旅行に出かけ、
 旅行先から写真付の絵葉書を送ってくる。
 その写真や文章を頼りに彼らの居場所を特定し、追う…というもの。
 世界各地の観光名所を旅することで地理の勉強をも兼ねる。
 むしろ それが主で、事典も収録されているから予習も可能だ。

クリスマスナイツ

 ナイツのスタッフの愛が感じられる逸品だ。
 非売品かつ限定版であるクリスマスバージョン。
 原作であるSS「ナイツ」の“ Spring Valley ”面
 のリメイクであるが、ツリーやケーキなどの
 オブジェの他、クリスマスソンのBGM、
 アイテムがリースなどXmas化していたり、
 プレイヤーキャラがサンタのコスプレをしてたりと
 とても凝っている。非売品としては珍しく、
 ちゃんとボス敵も用意されている。
 サターンの内蔵時計に合わせて、クリスマス以外の季節にも対応しているのも
 ポイント高い。サターンのソフトの中でも評価が高い作品。

The Grinch 

 ユニバーサルスタジオ製作の、
 クリスマスの定番キャラが主人公。
 原作どおり、グリンチを操作して
 街からクリスマスプレゼントを奪い、
 自分の ねぐらに溜め込む。
 3Dアクションとして取っ付き易いが、
 ゲームとしてのパンチが効いておらず
 面白みに欠ける、と評価は低め。
 ツリーやスノーマンなど登場するも、
 元々孤独なグリンチの視点でゲームを
 進めるぶん、
 プレイしながら寂しくなってしまう作品だ。

Santa Claus saves the Earth

 同名のGBA版の移植。
 普通はPS版があって、それをGBA版に
 劣化移植とか、全く違うPS版とGBA版の
 2本立てという構図なのに対し
 なんと、PS版はGBA版と同じなのである。
 これは大変稀なケースと思われる。
 GBA版をやった人なら分かるだろうが、
 ゲーム自体が単純で小難しい印象。
 PAL限定だから敬遠しても可。


戻る

その他、こんな謎物もありました。