Christmas Theme Park Special
 

ブルフロッグ。今度こそ、やってくれたなっ!

 「CU Amiga」1994年12月号のカバーディスクとしてのみの配布となった、“ Coverware ”。
 該当する日本語は「バンドル」か。これを遊ぶには、それこそ その雑誌を買う必要があった。
 ただ、その価値は十分にあるというのが、当サイトの判断だ。
 Amigaの各雑誌は これまでもXmasシーズンになると、それらしいテーマの
 フリーウェアをカバーディスクに収録したりしてくれていたが、
 どれもすぐに終わってしまったり飽きてしまう内容だったかと思われる。
 とりわけ1992年の「Psycho Santa」は同じブルフロッグ・プレゼンツではあったが
 余りにアレな内容だったため、今回は良い意味で期待が裏切られたのでは。

 実際にはカラの880KBフロッピーが1枚必要になる。このカバーディスクの中に
 ゲームのdmsファイルと「DMS」コマンドが入っていて、Enterキー1つで(以下略

様々なクリスマス要素

 大まかな要素別に、それらを紹介していく。
 素敵だと思った人は、今からでもEbay等で このカバーディスクを探しても遅くない。
 ゲームを開始して注意してほしいことが唯ひとつ。
 最初の僅かな間は、指示の通りにしなければならない。
 (アトラクションの位置から料金所の配置まで!!)
 ちょっとでもズレると話が進まず、ゲームをやり直すしかなくなる。
 チュートリアルのつもりなんだろうが、かえってオカシくなった印象。
 それさえ終わって画面が自由にスクロール可能になったら、なんでもありの世界だ。
 さぁ、楽しもうっ!!

アトラクション



Bouncy Castle
Santas Groto
Ghost House

売店

Balloon World

 風船を売っている。ここでは、
 サンタクロースの形をした風船だ(上画像参照)。
 お客様が増えてくると、テーマパークじゅうにサンタの風船が・・・(笑)

Mr.Xmas Pud

 ファストフードの代名詞といった食材は登場せず、
 あの丸いクリスマスプリンが・・・!!
 クリスマス一色のテーマパークをクリスマス・デザート片手に歩くとか!

オブジェ




Weeping Tree
Palm Tree
Oak Tree
Lake
※一番大きなツリーは オーナメントがチカチカ光る。最高だネッ!

スタッフ

Handyman

 お客様が道端に落としていったゴミを綺麗に掃いてくれるよ。
 何気にサンタの帽子をかぶってる。

Mechanic

 故障したアトラクションの修理をしてくれる。規模が大きくなったら増員だ!
 このスタッフもサンタの帽子をかぶってクリスマス仕様だ。

Santa

 これは、もぅ完全にサンタクロースのコスプレをしたオジサンだ。
 Ho,Ho,Ho...! と言いながら、お客様を喜ばせてくれるエンターテイナー。

Snowmen

 悪党やスパイから当テーマパークを守る。
 このゲームをサラッと遊ぶ上では使うことはまず無いが、オブジェとしても。


 ↓ こんな感じになる。



・・・これは・・・、自然に笑みがこぼれてしまう・・・。


戻る