コナミ VS SEGA 【第2幕】 〜the adventures of Batman & Robin


 様々なハードで怒涛の如く繰り広げられた、2社の作品リリースの応酬・・・第1幕の幕は閉じ、

 フタを開けてみればコナミの圧倒的な勝利であった。
 日本では1995年のアクレイム暗黒時代が到来するまでは空白の時が流れる。
 バットマンゲームが好きだった当時のテレビゲームファンは物足りない思いをせずにはいられなかっただろう。

 しかし海外では、第1幕が幕を閉じてから ほどなくして第2幕が幕を開けた。
 それは16ビット黄金時代を象徴するような、 20世紀バットマンゲーム史における 「花形」的作品群である。
 バットマンゲーム最高傑作クラスが君臨した、 バットマンゲーム史上最高に華やかな時間であった。

第1章・・・先攻:コナミ

 まず1993年から1994年にかけてコナミが第1幕同様 任天堂ハードにて2作品を輩出した。
 この2作品は どちらもバットマンゲーム最高傑作候補といえる、 レベルの高い作品。



 
Batman The Animated Series


 日本未発売の和ゲー、
 全ゲームボーイ・アクションゲーム中でも世界レベルでの「遺産」。
 TVシリーズの冒頭シーンそのままのデモから始まり、
 硬派なアクション性と有名キャラ続々出演、
 ゲームボーイとは思えない程の、感泣モノの高い完成度を誇る。
 クドいようだが、ゲームボーイでは最高。「最高」。
 ・・・ただし!!ソレもコレも、難度に ついていければの話。
 ドラキュラ伝説2周程度の難度よりかは ずっと高いよ!覚悟!

 ステージ1:The Joke's On you
        1-1Boss: ザ・ジョーカー
 ステージ2:The Chill of a Lifetime
        2-1Boss: スケアクロウ   2-2Boss: Mr.フリーズ
 ステージ3:The Green Menace   
        3-1Boss: キャットウーマン
        3-2Boss: ポイズン・アイビー
 ステージ4:Bank Robbing is Gas  
        4-1Boss: リドラー  4-2Boss: ザ・ペンギン
 ステージ5:The Joker's Last Laugh?
        5-1Boss: ザ・ジョーカー

 HARDモードStage4-2攻略マップはコチラ→ Go!!
ジャケ画も素敵だが、箱のサイド部分も・・・。
もう、全てが カッコイイわけです。


 ここはジョーカーのカラクリ屋敷。
 建物外壁は「悪魔城ドラキュラ」みたいだぞ(笑)。
 

 Hardモードになると急に難しくなる2面後半。
 強敵Mr.フリーズ戦も熱い!
 

 Hardモードでは間隔トラップが厳しい3面後半。
 SNES版より遥かに手強いアイビー戦を制せ。
 

 Normalモードでも充分やり甲斐のある4面。
 敵だけではなく、味方キャラも多く(デモにて)出演。
 エリアによってはロビンを操作することになる。
 バットマンとロビンでは特殊能力が違う。



ステージ紹介&攻略
 (ステージ名をクリック!)


 ステージ1:Amused to Death
        Sub Cast: ハーレークィーン
        Boss: ジョーカー
 ステージ2:No Green Peace
        Boss: ポイズン・アイビー
 ステージ3:Fowl Play
        Boss: ザ・ペンギン
 ステージ4:Tale of the Cat
        Boss: キャットウーマン

SNES版 
 
the adventures of Batman & Robin

 一般的にバットマンゲーム最高傑作とされ今でも高い人気を誇る。
 落ち着いた色彩のカートゥーン世界がココに。

 絵が綺麗、 仕掛けが面白い、音楽が良い、もちろん そうだが、
 やはり「最高傑作」と言わしめる所以は、
 原作のTVシリーズの移植度の高さだろう。

 ビデオでも 買って今一度TVシリーズを見ておけば、
 「あ!こんなシーンあった!あ!これも!」の連続だろう。
 味方キャラ・敵キャラ共に多く登場し、
 その数は20世紀バットマンゲーム中最多。


 ステージ5:Trouble in Transit
        Boss: トゥーフェイス
 ステージ6:Perchance to Scream
        Boss: スケアクロウ
 ステージ7:Riddle me This
        Boss: リドラー
 ステージ8:The Gauntlet
        中Boss: クレイフェイス、マン・バット
        Boss: ザ・ジョーカー


 
第2章・・・後攻:SEGA

 1995年になるとセガが各セガハード向けにTVシリーズのバットマンゲームをリリース。

 Genesis(&PAL圏のMega Drive)、Sega CD(&PAL圏のMega CD)、そして海外ゲームギアである。
 セガハード全般に渡ってリリースする形は第1幕と同様だが、今回は各々全く別のゲームである。
 第1幕にてセガCD版ですら「負け」のレッテルを貼られた悔しさゆえか、少し作戦を変えてきたと言えよう。



ステージ1:Happy Birthday to Me
     Boss: ハーレークィーン、
         ザ・ジョーカー
ステージ2:Two-Sided Story
     Boss: トゥーフェイス
ステージ3:Tea Time
     Boss: マッドハッター
ステージ4:Snow in July?
     Boss: Mr.フリーズ
GENESIS版
 
the adventures of Batman &Robin

 魂斗羅的アクションステージが 主で、
 バランスの取れた2D・STGステージが挿入される形。
 後半ステージから急に難易度が上がる。
 操作性が良く気軽に遊べるという意味ではバットマンゲーム中で

 最も「持っているべき」ゲームかもしれない。
 ただし4-2以降は とても操作性が悪いのが×。
 グラフィックはセンスも質も申し分ないが、
 SNES版ではシッカリなされていたストーリー性と
 (原作に近い)タッチが無視されている。
 つまり、プレイヤーキャラがバットマンでなかったら、
 別のゲームに見えてしまうかもしれないということ。
 ま、2Dアクションゲームが好きな人なら
 押さえておきたいA級ゲーム。

 音楽はオリジナルのTVシリーズの雰囲気と大きく異なるが、
 テンポが良く小気味良い曲ばかりが揃っている。

 外人の感覚でも「難しい」ゲームとされているようだ。
 スクリーンショット付きで攻略記事を書いたから、
 詰まったら各ステージ名をクリックして欲しい。
 当サイトで初めて知ったプレイヤーも下調べに どうか。
 ただし「読んだら面白くなくなる」攻略記事もあるので
 自己責任な。



SEGA CD版
 
the adventures of Batman &Robin

 バットモービルやバットウィンで進む3Dシューティン。
 セガCDお得意のアニメーション・ デモも挿入される。
 ただ、音楽はジェネシス版ほど耳に残るものではないだろう。
 ステージ紹介と攻略は、各ステージ名をクリック。
 
 ステージ1: Poison Ivy's Plot!
 ステージ2: Poison Ivy's Getaway!
            Boss; ポイズンアイビー
 ステージ3: The Riddler's One-Two Punch!
 ステージ4: The Riddler's Game!
           
Boss: リドラー
 ステージ5: The Joker's Laffs!
           
Sub-cast: ハーレークィーン、ジョーカー
 ステージ6: Thorn's Casino
           
Boss: クレイフェイス



  ゲームギアの小さな
 カラー画面にジョーカーや
 ハーレークィーンらが

 登場するのはチョッピリ
 嬉しいかも (?)

Game Gear版
 
the adventures of Batman &Robin

 Genesis版のダウングレード・・・と思いきや、全く別の普通のアクション。
 操作性が非常に悪い上、
 1画面分の縦の長さと、バットマンのジャンプの高さが合っていない。
 1回ジャンプしただけで画面には見えていなかった高さの足場に乗れる、という。
 敵やボスの攻撃は避けにくく、相打ちしながら進めていく感じ。

 では難しいのか?というと答えはNO。
 パスワード制&実質無限コンティニュー仕様により
 クリアーを強烈にバックアップしてくれる(笑)。

 要は、「つまらなくてヌルい」のである。
 Genesis版があるから笑って許せるけれども。
 コレクターズアイテムに。
 
ステージ紹介は各ステージ名をクリック。
 
ステージ1: The Mad Hatter makes his move!
           Boss: マッドハッター
ステージ2: Mr.Freeze goes corporate!
           Boss: Mr.フリーズ
ステージ3: The Scarecrow is a gas!
           Boss: スケアクロウ
ステージ4: The Joker plays his hand!
           Boss: ハーレークィーン、ジョーカー



  総合的な完成度としては

     勝   コナミ   >>   SEGA     負

 しかも第1幕より差が開いた感が。
 敢えてフォローするとすれば、
 Genesis版はプレイ価値あり。Sega3作があるほうが、無いより賑やか。
 Sega3作の引き立てでコナミ2作が一層生きてくる。

 魅力、というか個性が両者で かなり違うので、
 気になるならGG版以外全部押さえておいて損は無い。



戻る