World of  SEGA  CD  32X


子供には勿体ない・・・!
大人の為の高尚な「お遊び心」と「恍惚」を。


 「ダメな子ほど 可愛い」とは言われるものだが、
 SEGA CD、それ自体が憎めない存在であるというのに、
 あの愛おしい32X本体と組み合わせることで
 より美しいグラフィックで楽しもうなんて、
 どこまでメガドライバー達を虜にする気なのか。
 レトロゲーム時代(第4世代)のセガ系ハード最終形態にして
 海外版本体が必須という高めの敷居を越えた先にある究極の聖域。

(よくある質問)
「32X本体は日本版でOKですか」北&南アメリカのソフトならOK。
 カートリッジのタイトルでも言えることだが、
 「32X本体」と「MD本体」がPAL版とNTSC版で相異なる時、
 不具合が生じて遊べなくなるタイトルがあるというだけ。
「北米版ワンダーメガ(X'eye)では 遊べないのですか」コツが要るよ。
 Disk1が “Key Disk”(セガCD版)となっているタイトルは、
 32X本体を外してディスク交換後、再度32X本体を挿してリセットボタンを押せば、正常に32X版が始まる。
 32X本体を外さなくとも、ピンセットを使って隙間から出し入れ可能だ。その場合は、
 ピンセットの先端部にボンドの塊をつけて丸くし、CD盤が傷つかないようにするといい。


Corpse Killer
南の島へ バカンスに行くつもりで、
思う存分死んで来い!

 ゾンビが徘徊する南国の島を探索。
 2人の愉快な仲間と一緒なので心強い。
 島の各地をまわって財宝さがしに
 明け暮れてみるもよし、
 秘密基地の奥へ突き進んでもよし。



 ゲーム自体は、ガンSTGである。
 それも、物凄い数のゾンビ共を、
 近づかれる前に片っ端から撃ちまくる。
 そのゲームバランスは「洋ゲーだから」で
 片づけられない程。
 プレイヤー自身がゾンビにならぬよう・・・。


Night Trap
吸血鬼の住む洋館にトラップを仕掛ける、
新感覚のビデオゲーム。

 洋館に遊びに来た女の子たちに忍び寄る、
 黒い影・・・。これらの敵を、
 館内に仕掛けた罠で仕留め、
 女の子たちを守り続けないといけない。
 各部屋は同じ時間軸で同時進行するため、
 一点に集中していると失敗してしまうだろう。
 仕掛けた罠で味方を嵌めてしまう失敗も。

 失敗を繰り返して体得する覚えゲー。
 日本ではメガCD版がコモン。
 多くのゲーマーを夢中にさせた。
 そんなゲームが32X CDで遊べる。
 女の子たちが より鮮明に写る。
 それなら3DO版のほうが良いって?
 ・・・それは禁句ですよ。


Supreme Warrior
女の人と本気で殴りあう、
現実では あり得ない経験ができる。
 
 ただの対戦格闘ではない。
 1人称視点でリアルな喧嘩ができる。
 他では体験できない新鮮な感覚である。
 地・風・火の3属性に分かれた敵陣へ
 戦いを挑む(ステージセレクト仕様)。
 各属性の陣営には、ザコ敵とボス敵がいて
 いずれも単体出現のため、
 ボスラッシュのような展開といえる。

 ムサい漢キャラに交じって女性キャラまでも
 思いっきりカメラ目線で殴りかかってくる。
 3ステージをすべて制したら、
 ラスボス戦も用意されている。

 キャストの中には某トップ外人女性歌手や
 某有名歌舞伎役者兼俳優に激似の方まで。
 実写だから、より感情移入できてしまって、
 これは なかなか、ニクイのではないか。


Slam City
単なる「バスケ」ゲーム、
では片づけられない!?
 
 やってることは「バスケ」に違いない。
 バスケットボールをゴールへ投げ入れる
 のだから・・・。
 しかし実際には 1:1でのバトルで
 相手の行動を見ながら 3人称視点で
 自キャラを操作する、
 もう、殆どアクションゲームに近い。
 
 対戦相手がカメラ目線で挑発してきたり、
 周辺に居る人々の しょうもない会話や仕草が
 ムービーとして試合の合間に流れたりも。
 ラスボスのScottie Pippenは90年代最高の
 NBA選手の1人。その行動パターンは
 CD4枚に渡って収録、激戦は必至だが
 そもそも最低10億点稼がねば会うことすら
 不可能という、雲の上の存在だ。


Fahrenheit
消防士として命がけで人命救出を。
ただし、殉死はゲームオーバーだ。

 燃え盛る家の中へ突入し、人々を救出。
 自らの酸素ボンベ残量の問題もあり、
 限られた時間内で的確に行動しないと
 いけない。
 それにはマップの正確な把握が要る。
 何度もプレーして体得していく性質のゲームだ。
 しかも難易度設定あり。
 ハードモードではマップが一層複雑になっているのもGood。

 この作品はメガCD版からして既に
 グラフィックはキメ細かく美しい。
 32X/CD版なら本当に綺麗な
 映像で楽しめる。
 


Surgical Strike
世界的に「未発売」だったワケではなかった。
 
 ブラジルではセガ公認で正規にリリースされた作品の一つ。
 このゲームもSEGA CD版から既にグラフィックは綺麗で、
 32X/CD版だと更にキメ細かい動画で楽しめる。
 取説はポルトガル語だが、ゲーム内の言語は英語。
 内容もフィールド内移動型のガンSTGだから全く問題なし。
 

 ↑ ブラジルの「Mega 32X CD」製品の中身。
 同国「Sega CD」タイトル群と同様の、CDケースと白黒印刷の取扱説明書。
 CD自体は北米タイプと瓜二つ。北米から在庫を移動したのか?



Midnight Raiders
遊びやすさと入手難度の皮肉

 同じガン・シューティンでも「サージカルストライク」とは違い、
 空中戦や地上戦(屋内)にて
 敵に標準を合わせるだけの単純さで、戦略性は後退。
 しかも敵には赤色のターゲットが付くことで一目瞭然。
 慣れるまでが大変で敷居の高い「ナイトトラップ」や
 バランス破綻気味の「コープスキラー」とは明らかに異なり、
 ブラジル限定発売タイトル、それ自体は初心者向けである。
 
 独自のエリアプロテクトが かかっているワケでもないから
 北米SegaCD32Xソフトの動作環境で問題なく動くし、
 X'eyeユーザーにとってのディスク交換も容易だ。
 さらに重要なことに、Digital Pictures社の4作品と違って
 3DO等では発売されていないから、これらブラジル限定タイトルは
 「そのタイトルの最優位バージョンは何版ですか?」
 という問いに対して「(3DO版は無いので)32X CD版です!」と
 答えることができるタイトルでもあるのだ。
 
 でも、やっぱり「入手難度」。言い換えれば「ロマン」。
 ウン百USドルの懸賞金をぶら下げて現地人らに探させたのが
 2000年代前半の話。知名度上昇中の今は・・・(以下略

 しかも「Midnight Raiders」はブラジルにて赤色ベースの紙箱の
 (単なる)SEGA CD版があることにも注意したい。


2015年5月・追記

海外サイトの「SEGA-16」のメンバーがブラジル限定タイトルの詳細に迫るべく当事の関係者にインタビューをしたようです。
(記事名「Behind the Design: Surgical Strike 32XCD」→外部リンク
肝心の情報だけ抜粋すると、
TECTOYの当事のCEO、Stefano Arnhold氏が自社の内部資料を調べたところ、
製品コード995.157.010.829「Fahrenheit」が1995年の6月に、製品コード995.157.036.832「Surgical Strike」が1996年の1月に発売され、
各々500個売れた、という記録が残っていたとのこと。(製品コードの「157」は32X CDの区分だそうです。)

・・・実は筆者は、この“内部資料”とやらには未だに懐疑的です。
2000年代からブラジル限定タイトルを調べていた御仁なら、きっと筆者と同じ感情を抱いているはず。
今でこそブラジルの商品のEANコードはネット検索できるまでに管理されていますが、
1990年代のTECTOYの自社管理は(少なくとも日本企業と比べれば)極めて杜撰であった、と。
500個も売れたら・・・いや、仮に半分の250個としても、「相当数」が中古市場に出現して然るべきです。
「相当数」とは。
北米限定で1500個販売した「Web of Fire」は、eBayにて1年の間に何個出品されるでしょうか?
この10年で、この15年で何個出品されましたか?その対比で割り出した数のことを言っています。
・・・記録と実数で桁が違う可能性すらありますね。
そして情報も断片的です。「Fahrenheit」と「Surgical Strike」、明確に存在確認できる2タイトルだけを挙げて何故、
「私共は少なくとも2タイトルを販売したことを確認できる」という答えしかできないのでしょうか。
「Surgical Strike」の商品現物を見ても「1995」の数字はあっても「1996」の数字は何処にもありません。
それで「1996年1月に発売した」と公式が言うのなら、それを信じるしかありません。
しかしこれで同じく「1996」の数字が何処にも見当たらない「Midnight Raiders」の発売年は分からなくなりました。
結局のところTECTOY自身が正確に情報を掴めていないのが実情である、と見ています。
今回「SEGA-16」のメンバー達は頑張ったんだけれど、引き続きロマンや希望(という名の悪魔)がコレクターを支配し続けるのです。
記録が正しかったとしても、区分「157」の飛んでる部分(829と832の間)にはどのタイトルがあるのかという謎や
「Surgical Strike」のデッドストックの存在への疑いも生まれてきますからね。

当サイトでは「Corpse Killer」や「Night Trap」もブラジルで発売された5タイトルの一部だという古い情報も保持していますから、
こうやって断片的な情報でも今後も蓄積していって、いつか本当の姿が見えてくれれば良いと考えています。
ここから先は国際レベルのコレクター様方の話なので筆者は静観するだけですがね。

戻る